今までとは違う方法で!
ナマケモノでも!!

短時間で本を読んでしまう方法公開!!



流れ

本を速く読むといえば、速読、速読といえば目玉を速く動かして読み進めていったり、凄まじいスピードでページをめくっていったり・・・

それは私もやったから分かります。恥ずかしい話、私は途中で挫折しました。
毎日の練習が必要なので、単調な繰り返しは続かなかったのです。


もちろんこのような速読は、練習を続ければ速く読めるようにはなるでしょう。
そう思うと多少のモチベーションは上がります。

しかし、思うように進まない現状で、

(この練習の時間を、本を読む時間に充てればいいんじゃないか・・・?)

という疑問が沸いてしまうと、また挫折してしまうのです。


私たちは学校教育で本を速く読む方法など、教えてもらっていません。
むしろ、間違えずに一字一句、丁寧に読むことを習ったはずです。

早く読むには、これが足かせになっているのかも知れませんよ?


本を読むのがこんなに簡単なことだったなんて・・・今までの苦労はいったい何だったんだ。

きっとそう思うはずです。
このマニュアルが、つらい練習をせずに本を速く読む方法を明らかにしてくれます。
インフォカートと無料ブログで稼ぐ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。